イギリスと中国の関係

イギリスと中国の関係は、20世紀後半から21世紀初頭にかけて、いくつかの例外的な期間を除いては、「敵対」がデフォルトでした。

 

とりわけ香港がイギリス領だった時代、両国の緊張状態はピークにあったといえます。

 

しかし80年代以降は中英共同声明や冷戦の終結にともない関係は改善に向かっていき、貿易や軍事協定により関係を深めていきました

 

関係の悪化

長らく続いた良好な関係も近年になって突如終わりを迎えます。

 

2019年から2020年にかけて行われた中国による香港の抗議運動弾圧をうけて、イギリスは中英共同宣言の違反として抗議声明を発表。

 

以来イギリスは国内からのファーウェイ排除、南シナ海での英米軍事作戦に参加、台湾の独立を公然と支持するなど、中国への敵対姿勢を強めていき、関係はまたも悪化していったのです。