カルラエの戦い

カルラエの戦い

戦いの舞台となったカルラエ

 

カルラエの戦いは、紀元前53年、共和政ローマと古代イラン王朝パルティアの間で行われた戦争です。パルティア戦争は217年までに8回も勃発していますが、カルラエの戦いは第一次パルティア戦争の最終局面となった戦いでもあります。結果はローマの敗北と終わり、指揮官のクラッススが戦死したことでカエサル、ポンペイウス、クラッススによる三頭政治は終焉を迎えました。

 

カルラエの戦いの結果

カルラエの戦いの指揮をとったのは第三次奴隷戦争(スパルタクスの乱)で史上最大規模の奴隷反乱を鎮圧した功績を持つマルクス・クラッススです。彼はローマ屈指の富豪で、三頭政治の一角としてカエサル、ポンペイウスに並ぶ政治的地位はあったものの、軍事的な功績では二人にかないませんでした。そこで確固たる名声を得ようと、パルティアへの遠征を決断。元老院は消極的でしたが、カエサルとポンペイウスが了承したのでしぶしぶ遠征を許可しました。

 

しかし結果は返り討ちの惨敗でした。ローマ軍は戦力では勝っていたものの、パルティア軍の巧みな戦略に翻弄され、足並みを乱されたところ包囲殲滅されてしまったのです。カエサルやポンペイウスと違い、クラッススの地位がしょせんは財力に物を言わせたものであったことを象徴づけた無残な結果となりました。

 

 

古代の戦争

ラティウム戦争ペルシア戦争サラミスの海戦,アルテミシオンの海戦)/ペロポネソス戦争アッリアの戦いカイロネイアの戦いサムニウム戦争ディアドコイ戦争イプソスの戦いポエニ戦争カンナエの戦い)/マケドニア戦争ローマ・シリア戦争ルシタニア戦争ヌマンティア戦争奴隷戦争ユグルタ戦争ノレイアの戦いキンブリ・テウトニ戦争アラウシオの戦い,アクアエ・セクスティアエの戦い,ウェルケッラエの戦い)/同盟市戦争ミトリダテス戦争ガリア戦争パルティア戦争カルラエの戦い)/ローマ内戦ナウロクス沖の海戦)/アクティウムの海戦エデッサの戦い


中世〜近世の戦争

ローマ略奪ルーシ侵攻百年戦争イタリア戦争ユグノー戦争三十年戦争フロンドの乱ネーデルラント継承戦争第二次百年戦争


近代の戦争

アメリカ独立戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争イタリア統一戦争メキシコ出兵エチオピア戦争第一次世界大戦イースター蜂起アイルランド独立戦争アイルランド内戦ロシア内戦シベリア出兵スペイン内戦第二次世界大戦ホロコースト北アイルランド紛争ユーゴスラビア紛争