アイスランドと日本の関係史

ヨーロッパ諸国の中でも、ドイツやフランスなどと違い、アイスランドはあまり身近に感じないかもしれません。しかしアイスランドと日本は、漁業がさかん、地震が多い、火山が多いなど意外に共通点が多いのです。そんな共通点の多い両国の交流はどのようにして始まり、現在どのような関係にあるのでしょうか。

 

 

 

交流の始まり

アイスランドと日本の関係史を遡れば、経済関係という面では、1867年日本と修好通商条約を結んだところからスタートしています。この時のアイスランドはデンマークの属国だったので、貿易はデンマークを経由して行なわれ、1918年にアイスランドが自治を獲得した後も、外交は続きました。

 

戦時中の断絶と戦後の再開

第二次世界大戦期では、アイスランドは連合軍に占領されたため、一時国交が断絶してしまいましたが、1956年12月に再開します。それから現在まで良好な関係が築けており、2016年には国交樹立60周年が祝われました。

 

戦後外交史
1999年
小渕首相が、日本の総理大臣としては初めてアイスランドを公式訪問
2001年
・両国の首都に互いの大使館が開設
・日本でアイスランドフェアを開催
1985年
日・アイスランド友好議連設立
2003年
在日アイスランド商工会議所開設

 

現在の交流

現在、日本はアイスランドにとって、主要な貿易相手国になっています。日本と同じ海に囲まれた島国とだけあって、漁業がさかんで、対日輸出の9割がカラフトシシャモやタラなどを中心とする水産物です。また日本からは自動車や機械製品を輸入しており、対アイスランド輸出の7割を占めています。