ウクライナ領の島

ウクライナからみたクリミア半島

 

ウクライナが黒海やケルチ海峡に領有する島についての情報をまとめています。

 

 

ズミイヌイ島

海域:黒海北西部
面積:0.17km平方キロメートル
人口:約100人

 

ソ連崩壊にともないウクライナ領に編入された島です。ギリシア神話の英雄アキレウス伝説の聖地とされます。ルーマニアとウクライナの国境付近の沖合に位置し、かつては両国で領有が争われていました。

 

ベレザーニ島

海域:黒海北岸
面積:0.29平方キロメートル
人口:0人(無人島)

 

現在は無人ですが、かつては古代ギリシア人の植民市が存在し交易で栄えていました。そのため、今でも古代ギリシア時代の壺や彫刻が出土することがあります。またルーン文字石碑が出土していることから、北欧の海洋民族ヴァイキングとも交易を行っていたことが判明しています。

 

トゥーズラ島

海域:ケルチ海峡
面積:3平方キロメートル
人口:0人(無人島)

 

黒海とアゾフ海を結ぶケルチ海峡にある小島です。侵蝕により植生はほぼ見られません。1954年にウクライナ・ソビエト社会主義共和国に編入され、1991年のウクライナ独立の際にウクライナ領となりました。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島