スイスと中国の関係

スイスと中国の経済関係は17世紀頃にその萌芽がみられます。

 

この時期、宣教師を含んだスイス人の一行が中国を訪れ、清の宮廷で彼らの時計が人気を博したことをきっかけに、スイスの時計メーカーが中国に時計を輸出するようになりました。

 

また18世紀にはスイスで中国風の美術様式シノワズリが流行するなど、スイス人に中国文化が知られるようになっています。

 

近代以降の関係

1950年、スイスは中華人民共和国を西側諸国としては5番目に承認し、これを皮切りに両国の経済交流の活性化が始まりました。

 

以後現在にいたるまで、多くのスイス企業が中国に多額の投資をし、中国を拠点に活動するようになっています。

 

その一方で、近年ウイグル問題や香港問題などで中国政府を公然と非難するなど、経済的な密接差に反して、政治的関係は冷え込んでいるのが実情です。