スコットランドの民族衣装の特徴

スコットランドでは「キルト(kilt)」と呼ばれる、腰に巻くスカート状の衣服が民族衣装として着られています。

 

もともとはスコットランド北部のケルト系民族ハイランド人の男子および軍人専用の格式高い装束でしたが

 

今日ではスコットランド全域で、祭日や催し事において女性や子供にも着られるほか、軍楽隊や警察の征服として採用されるなど

 

「スコットランド人の民族衣装」

 

としての地位を確固たるものにしています。

 

キルトの特徴

スカートはウエストから膝までの高さで、腰のバックルで締めて着用します。

 

柄はタータンチェック(格子縞)が一般的で、縞模様の色はかつて階級や家柄を示すものでした。

 

またもともと食料を入れていた革袋を前側に下げているのもキルトならではの特徴といえます。

 

キルトの語源

「キルト」とはスコットランド語で「短くする」とか「体に縛る」という意味で、ゲール語では「フェーリア」と呼ばれます。

 

キルトの種類

  • アンシェント・マクミラン
  • スチュアート・ハンティング・アンシェント
  • マクレガー
  • ロブ・ロイ
  • ロイヤル・スチュアート」「バーバリー
  • ブラック・ウォッチ