大航海時代は中世?近世?

 

 

ヨーロッパの時代区分は古代・中世・近世・近代・現代に大別されますが、大航海時代はこのうちの近世にあたります。

 

「大航海時代の開幕」=「中世(middle ages)の終わりと近世(early modern)の始まりを示す画期」とするのがヨーロッパの歴史学的解釈のスタンダードになっているのです。

 

大航海時代で終焉する中世

中世というのは西暦476年西ローマ帝国の滅亡とともに始まりましたが、大航海時代の開幕にともなう、絶対王政諸国への莫大な富の流入は、ヨーロッパにおける勢力図を塗り替えました。

 

具体的には地中海貿易で繁栄を謳歌していたイタリアの都市国家が衰退し、大西洋貿易で有利な位置にあるポルトガル王国やスペイン王国が台頭するようになります。

 

そして大航海時代開幕後のヨーロッパ世界は、封建領主や教会といった伝統的権威がすっかり力を失い、前述の絶対王政諸国が覇権を握る時代となり、まるで別世界です。

 

そのため大航海時代の始まりが、中世の終わりを象徴する画期となっているのです。もっと具体的な変化については【大航海時代がヨーロッパにもたらした影響】をご覧ください。

 

大航海時代とほぼ同時期に始められた宗教改革も、ヨーロッパ世界を中世的枠組みからの解放するうえで大きな役割を果たしました。

 

「近世」という時代は18世紀後半のフランス革命や産業革命の直前あたりまで続きますが、近代移行への画期とされるこれらの出来事も、大航海時代世界中の物資や情報にヨーロッパ人が触れられるようになったことが大きく影響しているのです。