ドイツ料理の特徴

ドイツ料理の特徴

ドイツの国土は昔から肥沃とはいえないため、ソーセージをはじめ保存食品を使った料理が豊富です。またドイツは小国分立時代が長かった(今も諸邦ごとに強い自立性を保っている)ので、一口に「ドイツ料理」といっても地方ごとに異なる特色・郷土料理を持っています。

 

 

ドイツの野菜料理

野菜の中ではジャガイモの消費がとくにさかんで、大航海時代に南米からもたらされて以降、長らく不作で飢えに苦しむドイツ人のお腹を満たしてきたのです。

 

そのような歴史を辿ってきたため、日本で有名な「ジャーマンポテト」「フライドポテト」をはじめ、ジャガイモを使った料理メニューは実に豊富です。

 

ドイツの肉料理

ドイツでは豚肉も牛肉も鶏肉も食べられますが、中でも豚肉がもっとも食べられています。そしてやはりドイツといえばソーセージの製造がさかんで、1500種以上存在し、様々な料理に用いられます。

 

ドイツの魚料理

ドイツにおける魚料理文化の中心は、北海沿岸部のブレーメンで、白身魚のフライや鯖の燻製がよく食べられます。一方で内陸部でもコイやマスといった川魚がよく食べられています。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理