シベリア出兵

シベリア出兵とは1918〜22年に行われた、イギリス・フランス・アメリカ・日本などによる、ロシア内戦への武力干渉です。ロシア革命によりロシアの政権を握った社会主義勢力を打倒するべく、1918年3月英仏軍がムルマンスクに上陸を開始。アメリカ軍・日本軍も英仏の要請を受け、8月シベリアに共同派兵を開始しました。

 

シベリア出兵の結果

この出兵の名目上の理由は、「シベリアに抑留されたチェコ兵捕虜の救出」でしたが、真の目的は反社会主義という共通理念のもと、反革命軍(白軍)を支援し、ロシア革命軍(赤軍)を倒すことにありました。しかし結果は反革命軍が敗北し米英仏軍は撤退。本来の目的を逸脱し、シベリア進出を目論んでいた日本は1922年までシベリア、北樺太に留まりましたが、国内外の非難をうけ1922年に撤退していきました。

 
ページの先頭へ戻る