“南ヨーロッパ(南欧)”とはどこか|南欧諸国一覧、民族・言語ほか

“南ヨーロッパ(南欧)”とはどこか|南欧諸国一覧、民族・言語ほか

“南ヨーロッパ(南欧)”とはどこか|南欧諸国、民族・言語ほか

南欧(南ヨーロッパ)というのはヨーロッパの南部一帯地域のことです。ヨーロッパにおける地中海沿岸諸国を指す思ってもらって良いでしょう。日本でもイタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシアといった南欧諸国は文化や歴史の面で高い知名度がありますね。

 

 

南欧とはどこか

南欧諸国とは一般的に「ヨーロッパの南部、地中海沿岸に面する国々」のことを指しています。国際連合による分類では、南欧諸国は以下16カ国とされています。ちなみにフランスは基本的に西欧に属しますが地中海沿岸諸国の一つとして南欧に加えられることもあります。

 

南欧の地図

0_map_europe_region_south.png

<画像クリックで拡大>

 

南欧諸国一覧

アルバニア / アンドラ / イタリア / 北マケドニア / ギリシャ / クロアチア / サンマリノ / スペイン / スロベニア / セルビア / バチカン / ボスニア・ヘルツェゴビナ / ポルトガル / マルタ / モンテネグロ

 

南欧の民族・言語

地中海沿岸地域はかつて、イタリック語派のラテン語を公用語としたローマ帝国の強力な支配下にあったため、ポルトガル、スペイン、イタリアなどイタリック語派の言語を母語とする民族が多いです。南欧でも東方のバルカン半島では、南スラヴ語ギリシア語などを母語とする民族が主体になっています。

 

南欧の気候と農業

南欧の気候は地中海性気候が支配的で、夏は高温乾燥、冬は温暖湿潤という特色を持っています。この気候帯では「地中海式農業」による、小麦、大麦といった穀物、オリーブ、ぶどう、柑橘類など樹木作物の生産がさかんです。温暖なのでリゾートとしても発展している地域が多く、とくに夏は北・中欧からリゾート目的でくる観光客が増えます。

 

トップへ戻る