ジャック・タチとは何をした人?〜脚本や主演も兼任〜

 

ジャック・タチの基本情報

 

本名:ジャック・タチシェフ
前職:パントマイム芸人
誕生:1907年ル・ペック
死没:1982年パリ
代表作品:『左側に気をつけろ』『郵便配達の学校』『のんき大将脱線の巻』『ぼくの伯父さんの休暇』『ぼくの伯父さん』

 

ジャック・タチ(1907年 - 1982年)はフランスの映画監督で、監督するだけでなく、自ら脚本や主演を兼任する体制が特徴です。
パリ郊外のル・ペックに生まれ、パントマイム芸人としてキャリアをスタート。1932年から映画界入りし、『左側に気をつけろ』で脚本および主演デビュー。その後はしばらく俳優として経験を積んだ後、1947年単板映画『郵便配達の学校』で監督デビューしました。
1949年には『のんき大将脱線の巻』で長編映画デビューも果たし、ベネチア映画祭脚本賞を受賞。次いで『ぼくの伯父さんの休暇』(1953年)でカンヌ映画祭映画批評家連盟賞し、その続編であり初のカラー作品『ぼくの伯父さん』(1958年)でその名声を確固たるものにしたのです。