ルキノ・ヴィスコンティとは何をした人?〜ネオレアリズモの巨匠〜

 

ルキノ・ヴィスコンティの基本情報

 

本名:モドローネ伯爵ルキノ・ヴィスコンティ
異名:ネオレアリズモの巨匠
誕生:1906年ミラノ
死没:1976年ローマ
代表作品:『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『揺れる大地』『山猫』『熊座の淡き星影』

 

ルキノ・ヴィスコンティ(1906年 - 1976年)はイタリアの舞台演出家および映画監督で、「ネオレアリズモの巨匠」として映画界で高い評価を受けている人物です。
ミラノの貴族ヴィスコンティ家の出で、1936年ファシズムのイタリアから逃れフランスに移住。30歳でジャン・ルノアールの助監督を務め映画界でのキャリアを積みました。そして1942年公開のデビュー作『郵便配達は二度ベルを鳴らす』、48年公開の『揺れる大地』が「ネオレリズモの傑作」と絶賛され、63年『山猫』でカンヌ映画祭対象を受賞64年『熊座の淡き星影』でベネチア映画祭グランプリを受賞するなど、映画監督として確固たる名声を得るようになるのです。