アラウシオの戦い

アラウシオの戦いは、紀元前105年、ローマ属州ガリア・ナルボネンシスのアラウシオ(現フランス・オランジュ)近郊で、共和政ローマ軍とキンブリ人・テウトニ人の同盟勢力が衝突し起こった戦いです。キンブリ・テウトニ戦争の戦いの一つで、「蛮族」に対し立て続けに大敗を喫したローマにとって屈辱的な戦いにもなりました。

 

戦争の背景

紀元前120年から紀元前115年にかけ、スカンディナヴィア半島一帯に居住していたキンブリ人が、新たな居住地を求め南下を開始し、地中海世界のローマ勢力圏を脅かすようになりました。紀元前113年にはローマの北方防衛戦であるノリクム属州に到達し、そこでローマ軍を壊滅させさらに勢いを得ます(ノレイアの戦い)。そしてその勢いのまま前109年、ガリア・ナルボネンシス属州に進撃を開始し、再びローマ軍と相まみえることになったのです。

 

戦争の結果

内輪揉めで軍が割れ組織力が活かされなかったこと、キンブリ・テウトニ勢力との兵力差が倍近くあったこともあり、結果はローマの惨敗に終わりました。ローマ側は8万から12万もの死傷者を出し、第二次ポエニ戦争でハンニバルに包囲殲滅させられたカンナエの戦い以来の大損害となりました。

 

キンブリの恐怖

この敗戦によりローマにとっては“蛮族”のさらなる進軍を許すこととなり、“蛮族”がすぐそこまで迫っている知れ渡ったことで、ローマは「Terror Cimbricus (キンブリの恐怖)」と呼ばれる社会混乱状態に陥りました。

 

 
ページの先頭へ戻る