フランスの産業の特徴

フランスの国旗

 

フランスの国土

 

フランス(正式名称:フランス共和国)は、西ヨーロッパに位置する共和制国家です。この国では食品産業、製材、製紙業、運輸業、機械産業、電気機械、金属、石油化学産業、自動車産業が中心的に発達しており、またワインの生産がさかんです。

 

 

フランスの主要産業

エネルギー産業

フランスでは、ロレーヌなどで石炭の産出は行われているものの、到底自国エネルギーを賄える規模ではないので、そのほとんどを輸入に依存しています。かつ、この国では原子力発電が最もさかんで、電力の8割近くは原子力発電によりまかなわれています。そして60基近い原子炉の稼働で莫大な電力を生み出し、近隣諸国への電力輸出や、原子力プラントの海外輸出はフランスの基幹産業になっているのです。

 

農業

フランスは穀物・牛乳・牛肉・豚肉・鶏肉・チーズ・ブドウ・ワインなど、あらゆる農業部門で世界最高規模の生産量を誇る農業大国です。国土が農地に適した平坦な地形で、農業用地は全体の53%にもおよびます。そして北部では穀作、西部では酪農、南部では地中海式農業、中部では畜産といったように地域ごとの気候にあった農業が行われています。

 

工業

フランスの工業は、ロレーヌの豊富な鉱物資源を背景に発展してきました。食品産業、自動車産業、航空機産業、機械産業、製紙業、製糖業などがさかんで、その担い手としては中小企業が多いのが特徴です。とくにこの国では自動車製造がさかんで、ルノーをはじめ有名な自動車会社を多く抱えている自動車大国でもあります。