ヨーロッパの料理

dummy
ギリシャ料理

ギリシャ料理は、地中海食と呼ばれる地中海沿岸の伝統料理の1種です。イタリア料理やスペイン料理も、この地中海食に含まれます。地中海性気候での生産に適したオリーブ、ブドウ、ナッツ、チーズ、ヨーグルトなどの食材が多く使われるのが特徴です。食事とともにワイン(ブドウ酒)を嗜むのも地中海食の伝統です。無形文化遺産にも登録地中海食は、地中海で採れる海産物もよく使われ、果物や野菜もふんだんに使うので、美味しいだ...

Read More
dummy
ハンガリー料理

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、グヤーシュ・レヴェシュ(牛肉、ニンジン、玉ねぎなどを煮込んだスープ)、ハラースレー(魚のスープ)、テルテット・カーポスタ(ロールキャベツ)、パプリカーシュ・チルケ(チキンのパプリカ煮込み)などがハンガリーの代表的な料理です。これらの料理はすべてパプリカ粉で味付けされ、赤い色をしているのが特徴です。ハンガリー料理に欠かせないパプリカについて現在のハンガリー料理...

Read More
dummy
フランス料理

フランス料理、すなわちフランスで発達した料理文化のこと。世界無形文化遺産にも登録されている西洋料理の代表格。料理の個性を決定づける、多種多様なソースにワイン。歴年の料理研究のすえ完成した高度な調理法、洗練された色彩や風味…。味だけでは語れない複雑な要素を併せ持つフランス料理は、一種の総合芸術という面ももちます。ここではそんなフランス料理が、どのように成立し、どのような歴史をたどり今日まで歩んできた...

Read More
dummy
アイスランド料理

いわゆるアイスランド料理(Icelandic cuisine)には、新鮮な魚介類とラム肉を使用したものが多く、香辛料はあまり使わず、焼く、煮る、揚げるといった調理法で食べる食べ方が一般的です。また北極圏の厳しい自然環境を生き抜いてきた歴史があるので、発酵食、漬け物、干物といった長期保存食の文化も発達しています。魚介料理四方を海に囲まれているだけあり、世界の漁獲量の2%を占めるほど、海産物の生産がさ...

Read More
dummy
イタリア料理

イタリア料理は19世紀末に日本に伝わり、戦後急速に普及していきました。今では「イタ飯」「イタリアン」の愛称で老若男女問わず好まれ、低コストで美味しく、ファミリーやカップルで気軽に通える外国料理として大人気です。無形文化遺産にも登録されており、イタリア最高の文化の1つといえるでしょう。ここではイタリア料理の特徴を解説しています。地域性が強いイタリアは南北に長いため、地理的・気候的に多様性に富んでいま...

Read More
dummy
オーストリア料理

オーストリアの食文化はハンガリーやチェコといったかつてのオーストリア帝国支配地域、ドイツやイタリアなどの影響を受けています。そしてオーストリア料理にはそれぞれの国から伝わった料理に独自の味付けや食材が加わり、変化していったものが多いです。ドイツ料理に似ていますが、違う点としてはオーストリア料理には東ヨーロッパの食文化の影響が強いという点です。食文化の歴史ひとくくりにオーストリア料理といっても、かつ...

Read More
ページの先頭へ戻る