ベルギーの地理的特徴

西ヨーロッパに位置するベルギー王国の地理的特徴について情報をまとめています。ベルギーの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

ベルギーの地形や風土

面積

30,528平方キロメートル

 

国境

北:オランダ
東:ドイツルクセンブルク
南:パリ

 

気候

西岸海洋性気候が支配的で、偏西風と暖流の北大西洋海流により、緯度のわりに1年通して穏やかな気候です。ただし内陸部は大陸性気候の特徴が現れ、冬に非常に寒くなります。

 

北端で北海に面しており、海岸平野部は「ポルダー」と呼ばれる干拓地となっています。

 

河川

国内を流れる主要河川は、スヘルデ川、マース川、イゼル川などで、全て北海に注いでいます。

 

  • ジャンバル湖
  • ブーテンバッハ湖
  • オー・ダール湖
  • ロベールヴィル湖

 

山・丘

南部はワロン地域を中心にアルデンヌ山地、丘陵地帯が大部分を占めています。リエージュ南東のボトランジュ山(標高694m)が国内最高峰。山地は冷涼な気候なので、ビート栽培や放牧による畜産業がさかんです。

 

平野

北部はフランデレン地域を中心に平野が大部分を占めています。土壌が肥沃なので、農用地として利用されており、野菜や果実の栽培がさかんです。