フィンランドの有名な山一覧

フィンランドの国土の大半は平坦な地形ですが、北部は500〜600m級の山が連なる「ハルティア山脈」となっており、国内最高峰のハルティア山(標高1328m)がそびえています。

 

ハルティア山

標高:1328m
位置:フィンランド北部ラッピ県
山系:スカンジナビア山脈>ハルティア山脈
解説:フィンランド最高峰の山。ラップ県の最西端、ノルウェーとの国境地帯にそびえる。この山の頂上は1365m地点にあるが、こちらはノルウェー領に属す。ノルウェーではフィンランド独立100周年を祝して、頂上をフィンランドに贈呈しようという計画が持ち上がったことがあるが、憲法が障害になり結局実現に至らなかった。

 

ラップランド

フィンランドの山岳地帯である北方は「ラップランド」と呼ばれる、ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・ロシアにまたがる地域で、少数民族サーミ人の伝統的居住地となっています。北極圏限界線から北にあたる地域で、とりわけフィンランド地域では多くの湿地や湖が存在します。