ミコノス島の歴史

ミコノス島は、エーゲ海中部に浮かぶ、キクラデス諸島を構成する島の一つです。西岸の港町ミコノスを中心に栄え、風車や白壁の家が美しい、サントリーニ島に並ぶギリシャ屈指の観光名所となっています。ここではそんなミコノス島の歴史について簡単にまとめています。

 

名前の由来

ミコノス島の名前は、ギリシャ神話のアポロンの孫で、島の最初の統治者「ミコノス」に由来していると考えられています。(ただこのミコノスについてはどういった神だったのか、いくら調べても情報が少なく判然としません。)

 

ミコノス島は、ギリシア神話ではゼウスと巨人ギガスが決闘をした地として知られます。ゼウスを筆頭とした神々と巨人族との戦いは「ギガントマキア」と呼ばれ、ヨーロッパ芸術の題材としてたびたび採用されてきました。

 

支配の歴史

紀元前3000年頃には人類が居住が始めたと考えられ、前11世紀頃からはイオニア人が植民を開始しました。ポリス時代にはアテネに臣従し、その後ヴェネツィア、オスマン帝国による支配を経て、1822年にギリシャ領となりました。いずれの時代も地中海交易の要所として常に栄えていた島でした。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島