重金主義と貿易差額主義の違いとは?

重金主義と貿易差額主義の違いとは?

重金主義と貿易差額主義の違いとは?

重金主義と貿易差額主義の違いは何ですか?

「重金主義」は重商主義の初期の形態で、富の蓄積とは金銀の蓄積であるとし、植民地拡大と鉱山開発を推し進め、金銀の輸出を制限・禁止する政策です。

 

大航海時代の先駆者となったポルトガル・スペインにより推し進められましたが、重金主義の過熱は国内の貨幣価値の低下を招き、国内産業の発展を阻害する事態を引き起こしました。

 

そこで重金主義に代わって台頭したのが「貿易差額主義」です。

 

金銀の蓄積ではなく、国内産業を保護・育成し、輸出>輸入の状況を作ることによる「差額」で富を蓄積していこうとする政策です。

 

とくに17世紀後半からイギリスにより推進され、イギリスはこの手法で富を蓄積し資本家を育て、18世紀からの産業革命の土台を築き上げていきました。

 

ただしこの貿易差額主義は産業を国が統制することが前提となるので、国から保護を受ける一部特権階級以外の不満が高まっていき、産業革命の進展とともに「自由貿易主義」に取って代わられるようになるのです。