フランソワ・トリュフォーとは何をした人?〜愛のシネアスト〜

 

フランソワ・トリュフォーの基本情報

 

本名:フランソワ・ロラン・トリュフォー
異名:愛のシネアスト/フランス映画の墓堀人
誕生:1932年フランス
死没:1984年フランス
受賞:カンヌ国際映画祭監督賞
代表作品:『大人は判ってくれない』

 

フランソワ・トリュフォー(1932年 - 1984年)はフランスの映画監督で、映画監督としては「愛のシネアスト」、批評家時代はその辛辣さから「フランス映画の墓堀人」と呼ばれていました。
パリに生まれ、両親の離婚により孤独な少年時代を過ごし、やがてその孤独を埋めるように映画に没頭するようになりました。そして15歳の時、映画評論家アンドレ・バザンと出会い、ハザンの紹介で映画雑誌に寄稿しながら短編映画の制作に取り組むように。1959年に長編映画の第一作『大人は判ってくれない』を公開し、カンヌ国際映画祭監督賞しました。以来1年1作のペースで秀作を作り続け、国際的な名声を確立。ヌーベル・バーグ(新しい波)の代表者の一人となったのです。