大航海時代の日本は何時代?

 

大航海時代とは、15世紀半ばから17世紀初頭にかけ、ヨーロッパ諸国により全世界的な航海・探検が行われた時代です。

 

バスコ・ダ・ガマのインド航路の発見、コロンブスのアメリカ大陸発見などを皮切りに、それまで地中海を舞台に行われていた海上貿易が、大西洋・インド洋・太平洋と地球規模でに拡大。

 

いわゆる「地球の一体化」が起こり、世界各地が相互に影響を与えあう世界史が本格的に動き出すようになるのです。

 

大航海時代の日本史への影響

大航海時代開幕にともなう、ヨーロッパ主導の「地球の一体化」の影響は日本にもおよびました。

 

ヨーロッパ人によりキリスト教や鉄砲、世界地図がもたらされた他、今まで島国という閉鎖された環境で生きてきた日本人が、海の向こうには人が住んでおり「地球は丸い」という、今でこそ当たり前の知識を得るようになりました。

 

ポルトガル・スペインが全盛期を迎えているとき、日本は両国との貿易(南蛮貿易)を積極的に行い、その中で様々なヨーロッパの物や文化・考え方が持ち込まれたのです。

 

大航海時代は日本における初めての「他者との遭遇」の時代であったともいえます。

 

大航海時代の日本の時代区分

15世紀半ばから17世紀初頭まで続いた大航海時代、日本は戦国時代(1467年〜1590年)、安土桃山時代(1573年〜1603年)、江戸時代(1603年〜)などを経験しています。

 

南蛮貿易が行われた時期は戦国時代(1467年〜1590年)と重なり、貿易でもたらされるようになった鉄砲・火薬は日本の戦争のあり方を大きく変えました。

 

また現物だけでなく製造技術も伝わったことで、国産の銃も作られるようになったことも重要です。