ゲルマン民族大移動はなぜ起きた?原因は複数あり

 

ゲルマン民族の大移動とは4世紀末に、ドナウ川以北ゲルマニアのゲルマン人が大規模移住を始め、西ローマ帝国領への侵入、それにともなう同国の崩壊、その後のゲルマン諸王国の建設などを引き起こした社会現象のことです。ヨーロッパでは「蛮族侵入」とか「ゲルマン民族侵入」とも呼びます。

 

 

ゲルマン民族大移動の原因

フン人の圧力

ゲルマン人が「大移動」をせざる得なかった大きな理由の1つに、中央アジアからのフン人による圧力があります。フン人はトルコ・モンゴル系の遊牧騎馬民族であり、375年に黒海北岸にてゲルマン民族の東ゴート族、西ゴート族を打ち破り、その居住地を追うことで民族大移動の発端を作りました。

 

ローマ帝国の衰退

民族大移動が起きた4世紀末、ローマ帝国は衰退期にあり内政不安定でまとまりにかけていました。それに加え3世紀からの疫病流行による兵力不足で、防衛力が著しく低下していたことが、ゲルマン民族の侵入を加速させたことは否めません。

 

気候変動・土地不足

主な理由は上記の二つですが、他にも気候変動や人口増加による土地不足なども民族移動を引き越した原因として挙げられることがあります。