オランダ料理

オランダ料理の特徴

オランダの伝統菓子アップルタルト

 

オランダではパンやジャガイモを主食に、伝統的にニシンを多く消費する食文化が根付いています。またベルギーが独立する前はフランスと隣接していたため、フランス料理の名残も残されているのも特徴の一つといえるでしょう。

 

 

オランダ料理の歴史

オランダ料理はその歴史的な繋がりから、北部フランス料理からの影響が色濃いですが、17世紀以降の海外進出にともない、多様な食材の流入で料理のレパートリーも増えていき、「オランダ料理」としての独自性を高めていきました。

 

また同時期、ヨーロッパで唯一日本と貿易を結ぶ中で、「小麦粉にまぶされたものを油で揚げる料理法」を日本に伝え、それが天ぷらに発展していきました。

 

ジャガイモの伝来

オランダの主食は伝統的にパンですが、18世紀以降はペルーからもたらされたジャガイモが急速に普及し、主食として食されるようになりました。オランダの画家ゴッホが描いた『ジャガイモを食べる人々』はそんな世相を反映しています。

 

オランダ料理の種類

肉料理

・メトヴォルスト
・ハーシェ

 

オランダでは肉汁たっぷりのドライソーセージが好まれ、地域ごとに伝統と特色ある様々なドライソーセージが作られています。「ヘハックトバレン」と呼ばれるミートボール、「スラーヴィンク」と呼ばれるひき肉ベーコン巻きなどが有名です。

 

魚料理

・ハーリング
・ロルモップス

 

海洋国家として歩んできただけあり、ニシンやムール貝、カキやヤビといった魚介類を用いた料理も好まれます。とりわけ「キベリン」と呼ばれる白身魚のフライ料理は、国民的ファストフードとして広く親しまれています。

 

乳製品

・ゴーダチーズ
・エダムチーズ

 

オランダ料理にはゴーダチーズやエダムチーズなどのチーズや、バター・バターミルクといった乳製品もよく用いられます。これらは朝食で食べられるほか、オランダではお菓子の生産がさかんなので、食材であるチーズやバターの消費もそれに応じて多くなるのです。

 

菓子

・ポッフェルチェ
・オリーボーレン
・ストロープワーフェル

 

飲料

・オランダビール
・アドヴォカート

 

ファストフード

・カプサロン
・ビターバレン

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理