オランダ料理の特徴

オランダ料理の特徴

オランダではパンやジャガイモを主食に、伝統的にニシンを多く消費する食文化が根付いています。またベルギーが独立する前はフランスと隣接していたため、フランス料理の名残も残されているのも特徴の一つといえるでしょう。

 

このページの内容

 

肉料理

オランダでは肉汁たっぷりのドライソーセージが好まれ、地域ごとに伝統と特色ある様々なドライソーセージが作られています。「ヘハックトバレン」と呼ばれるミートボール、「スラーヴィンク」と呼ばれるひき肉ベーコン巻きなどが有名です。

 

乳製品

オランダ料理にはゴーダチーズやエダムチーズなどのチーズや、バター・バターミルクといった乳製品もよく用いられます。これらは朝食で食べられるほか、オランダではお菓子の生産がさかんなので、食材であるチーズやバターの消費もそれに応じて多くなるのです。

 

魚料理

海洋国家として歩んできただけあり、ニシンやムール貝、カキやヤビといった魚介類を用いた料理も好まれます。とりわけ「キベリン」と呼ばれる白身魚のフライ料理は、国民的ファストフードとして広く親しまれています。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理