ガリア戦争

ガリア戦争は、紀元前58年から紀元前51年にかけ、ガリア征服をもくろむ共和政ローマと、それに抵抗するガリア人との間で起こった戦争です。前52年アレシアの戦いにおけるローマ軍の勝利で実質的に戦争は終結しました。ガリアがローマ領になったことで、それまで地中海世界にとどまっていたローマ文化がさらに北方の地にまで浸透していくことになり、現ヨーロッパ世界の原型が完成しました。

 

 

ガリア戦争の場所

ガリア戦争の舞台となったガリアとは、ローマ北方に広大に広がる現在のフランス地域、その他ベルギー、スイス、オランダ、ドイツの一部などを含んだ地域です。この地域は古代ローマ崩壊後は、フランスの原型といえるフランク王国の勢力基盤になったため、フランスの民族主義者はしばしばガリア人を自称します。

 

ガリア戦争の原因

ローマは建国当初よりガリア人の侵攻に手を焼いていましたが、地中海世界の内戦や対外戦争に追われ、内陸のガリア平定にまで手を回す余裕はありませんでした。しかし前1世紀に入り、ようやく地中海世界の征服を終えると、いよいよ本格的にガリア征服に動き出したのです。

 

ガリア戦争の結果

ガリア人は様々な部族からなるまとまりのない集団でしたが、前52年、アルウェルニ族のウェルキンゲトリクスがそれを一つにまとめあげ、一致団結してローマに対抗するように。それまで比較的楽に占領を進めてきたローマですが、これを皮切りに大変な苦戦を強いられるようになりました。しかし長期戦になればなるほど、兵站と組織力で圧倒するローマに戦況が傾いていき、最終的にはアレシアの戦いでウェルキンゲトリクスを捕えられたことで、事実上ガリア連合の敗北と終わったのです。

 

ガリア戦争の影響

ガリアがローマの勢力圏に組み入れられたことで、それまで地中海世界に留まっていたローマ文化が北西ヨーロッパにも広まり、現在のヨーロッパ世界の原型が形成されました。またガリア戦争の指揮をとったユリウス・カエサルは、その戦功により莫大な富と名声を得ましたが、前44年、彼にあらゆる権限が一極集中し共和政が崩壊することを恐れた元老院派により暗殺されています。

 

 
ページの先頭へ戻る