フレンチにおける「服装のマナー」とは?

服装のマナーは、フレンチレストランの雰囲気づくりに大きく影響します。

 

日本では服装のマナー「ドレスコード」を厳しく設けている場所はそう多くはありませんが、ラフな格好で行くのはマナー違反。

 

優雅な雰囲気が特徴の店では、インテリアや環境も提供しているので、行く先のレストランの格・雰囲気に合わせましょう。

 

 

格式高いレストラン

格式高いレストランや式典では、正式な服装をするのがマナー。

 

フォーマルのドレスコードは、日本でいう「正装・礼服」を意味します。

 

結婚披露宴の新郎新婦、親族が身につけるものがフォーマルです。

 

フォーマル(正装・礼服)

  • 昼は、男性:モーニングコート、女性:アフタヌーンドレス
  • 夜は、男性:タキシード(ブラック・タイ)、女性:イブニングドレス

 

指定のない場合、セミフォーマルのような上品な装いが好ましいです。

 

男女いずれも生地や色合いは、ビジネス用のスーツではなく華やかさのある色合いのものを取り入れるのがポイントです。

 

セミフォーマル(準礼服)

  • 昼は、男性:ディレクターズスーツ、ブラックスーツ、女性:ワンピース
  • 夜は、男性:ブラックスーツ、女性:ワンピース

 

カジュアルな食事会

ドレスコードの指定がない場合や、友人同士のパーティなど。

 

礼装とカジュアルの中間程度で普段着よりもドレスアップした服装を心がけましょう。

 

インフォーマル(略礼服・平服)

  • 男性:ダークスーツ、ジャケットスタイル
  • 女性:ワンピース、スーツ、セットアップ

 

避けたい服装

  • デニム素材、ハーフパンツ、襟なしシャツ、ジャージ、スニーカー、サンダル
  • キャミソール、ベアトップ、ショートパンツなど露出の多い服装、ミュール、過度なアクセサリー、香水のつけすぎ

 

ドレスコードの指定がなくても「上着・ネクタイ着用」をマナーとするお店はあるので、分からない場合はダーク系のスーツにネクタイ。

 

女性はシンプルなワンピースかスーツで、いくつかアクセサリーやスカーフを持っていれば問題なく対応できるでしょう。