赤毛のエイリークとは何をした人?〜グリーンランドの発見〜

 

赤毛のエイリークの基本情報

 

本名:エイリーク・ソルヴァルズソン
誕生:950年頃
死没:1003年頃ノルウェー
伝記:『赤毛のエイリークのサガ』『グリーンランド人のサガ』『植民の書』
功績:グリーンランドの発見

 

「赤毛のエイリーク」(950年頃 - 1003年頃)は10世紀頃のノルウェー人航海者です。グリーンランドの発見者として知られており、その発見までの過程は『赤毛のエイリークのサガ』『グリーンランド人のサガ』『植民の書』などの書物で詳しく書かれています。
エイリークは950年頃、ノルウェー南西部ヤーレンで生まれるも、父が殺人の罪を犯したため、追放処分を受け一家でアイスランドに亡命しました。しかしアイスランドでも自分の奴隷を殺された報復に相手の親族を殺すという事件を起こし追放となり、西へ西へと航海するうちに980年頃新しい土地を発見、グリーンランドと命名したと伝えられています。