スロバキアの歴史年表

スロバキアの国旗

 

スロバキアの国土

 

スロバキア(正式名称:スロバキア共和国)は 中央ヨーロッパの 東をウクライナ、西をチェコに挟まれた地域に位置する 共和制国家です。国土は 大部分はカルパティア山系の山々と南西部にドナウ川流域平野で構成され、気候区は 大部分が大陸性気候に属しています。首都は 主権国家の首都としては唯一、市域内に三国国境として知られる ブラチスラヴァ。
この国ではとくに 自動車および電機製造が発達しており、中でも乗用車の生産がさかんです。また豊富な無機鉱物資源を背景にした2 鉱業もこの国の基幹産業となっています。
そんな スロバキア共和国の歴史は、5〜6世紀頃から始まった西スラブ系のスロバキア人の定住まで遡ります。スロバキア人はしだいに勢力を広げ、9世紀には大モラビア国を形成します。10世紀になるとハンガリーに屈し、以後ハンガリー領として1000年以上過ごすことに。1918年に近縁のチェコと合同しチェコスロバキアとしてようやく独立を果たしました。その後は第二次大戦下のナチスによる支配、戦後の共産主義独裁という暗い時代を乗り切り、1993年にスロバキア共和国としてチェコから分離独立して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんな スロバキア共和国の歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

 

古代スロバキア

162年 マルコマンニ戦争の勃発(〜180年)

6年頃からスロバキア地域にローマ帝国が進出を開始し、先住のマルコマンニ族とクァディ族との対立から、マルコマンニ戦争に発展した。戦争を始めたマルクス・アウレリウスの病没後、その後を継いだコモドゥス帝によって和約が結ばれ、180年に戦争は終結。

 

377年 フン族の支配下に

中央アジアの遊牧騎馬民族フン族が、スロバキアを含むパンノニア全域を占領し、同地を西ヨーロッパ侵略の拠点として利用するようになった。

 

中世スロバキア

830年頃 モラヴィア王国の支配下に

9世紀に入り東欧においてスラブ諸民族の統合が進行。その結果モラヴィア王国が建国され、スヴァトプルクの治世 (871年-894年)で東欧最大規模の勢力圏を構築した。

 

906年 ハンガリー王国の伸長

9世紀末から徐々にハンガリー人(マジャル人)がパンノニア平原への影響力を強める。906年頃には、現スロバキア首都ブラチスラヴァが、ハンガリー王国の戦略上の重要拠点となった。さらに11世紀にはオーストリア〜ハンガリー間の商業中心地に成長している。

 

1405年 ブラチスラヴァが自由都市に

13世紀末、現スロバキア首都ブラチスラヴァが、都市法により中世都市としての基礎を固め、1405年には王立自由都市に昇格した。

 

近世スロバキア

1536年 ハプスブルク帝国の支配下に

現スロバキア首都ブラチスラヴァが、ハプスブルク朝ハンガリー王国の首都となる。以来スロバキアはオスマン帝国の西方進出(ハプスブルク帝国への侵略)に対する防波堤として利用されるようになる。

 

1848年 諸国民の春

ナポレオン戦争期間、他のヨーロッパ諸国同様、スロバキアではナショナリズムが勃興したが、48年ハンガリー革命が起きると、オーストリア帝国内のハンガリーからの分離を優先し、オーストリア側(ナショナリズムを抑圧するウィーン体制を牽引していた側)に味方した。

 

1867年 オーストリア=ハンガリー二重帝国の支配下に

ハンガリー王国の独立(アウスグライヒ)にともない、オーストリア=ハンガリー二重帝国が成立し、スロバキアは二重帝国内のハンガリー王国の支配下に入った。

 

近代スロバキア

1918年 チェコスロバキア共和国の成立

第一次世界大戦でオーストリア=ハンガリー二重帝国が崩壊したのを受け、チェコ人とスロバキア人による統一国家チェコスロバキア共和国の成立が宣言された。

 

1919年 スロバキア・ソビエト共和国の成立

ロシア革命以後、共産主義勢力が東欧各地に台頭するようになり、チェコスロバキア共和国内には、ハンガリー評議会共和国の傀儡国家スロバキア・ソビエト共和国が成立した。しかし同年中に三国協商(連合国)の介入で崩壊。

 

1938年 ミュンヘン会談

英仏独伊首脳のミュンヘン会談の中で、チェコスロバキアのドイツ文化圏ズテーテン地方のドイツ併合が一方的に決められる。

 

1939年 スロバキア共和国として独立を宣言/第二次世界大戦の勃発

ミュンヘン会談以降、ドイツの影響が増大する中、ドイツの保護国という形でスロバキアが独立を宣言した。また同年ドイツとともにポーランドに侵攻したことで、第二次世界大戦の口火を切った。

 

1945年 ソ連による占領

41年の独ソ戦開幕以来ソ連からの攻撃を受け続け、45年4月に首都ブラチスラヴァが陥落した。

 

1948年 共産主義政権の成立

戦後、ソ連の強い影響下で共産主義政権が成立し、チェコスロバキアは事実上ソ連の衛星国となった。

 

1968年 プラハの春

共産主義一党独裁体制に対する不満が高まる中、民衆による大規模な自由化運動「プラハの春」が発生する。これを受けソ連はワルシャワ条約機構軍20万をプラハに派遣し、民主化運動を圧殺した。

 

1969年 チェコとの連邦制に移行

 

1977年 憲章77の作成

チェコスロバキア政府の人権擁護義務を十分に果たしていないと批判した「憲章77」に人権活動家250人以上が署名した。

 

1989年 ビロード革命

チェコスロバキアにおいて再び民主化を求める抗議運動が勃発し、今度は共産主義体制に終止符を打つことに成功する。特に大きな流血もなく、穏当な体制移行が行われたことから、軽くやわらかなビロードに例えて「ビロード革命」と呼ばれる。

 

現代スロバキア

1992年 スロバキア共和国憲法の採択

 

1993年 ビロード離婚/スロバキア共和国の成立

平和裏にチェコとの分離独立(チェコスロバキアの解体)が決定し、現在に続くスロバキア共和国が成立する。ユーゴスラビアのように連邦解消にともなう武力衝突の発生も起こらず、極めて穏当に解消されたことから、軽く柔らかな布ビロードに例えて「ビロード離婚」と呼ばれる。

 

2004年 北大西洋条約機構(NATO)/欧州連合(EU)に加盟

北大西洋条約機構(NATO)に加盟し、集団安全保障を基礎にした国防体制を構築する。また同年欧州連合(EU)にも加盟し、以来西ヨーロッパ諸国との政治・経済面での関係を深めていくことになる。

 

2009年 ユーロ通貨の導入