日本とチェコの関係

宗主国であったオーストリアハンガリー帝国の解体を受け、1918年にチェコの前身チェコスロバキア共和国が成立し、翌1919年に日本との外交関係が樹立されています。

 

その後は第二次世界大戦による一時の中断を挟み、1957年から国交が再開。93年のチェコスロバキア解体後もそれまで築いた関係を引き継いでおり、現在に至るまで良好です。

 

経済関係

経済的には冷戦期以来、電子機器や機械部品の貿易がさかんに行われており、日本系自動車企業がコリーンに本社および自動車工場を設置するなど、密接な関係が築かれています。