フレンチにおける「ナプキンの使い方」とは?

フレンチでは綺麗に折られたテーブルナプキンが準備されていることがほとんどです。

 

このナプキンは様々な意味合いや役割があり、主に「服が汚れないようにする」「口元や手を拭く」ためのものです。

 

ナプキンは食事の開始や終了の合図となったり、レストランへの評価を伝えたりもします。

 

 

食事が始まる時

食事会では席についたらすぐにナプキンをとってかまいませんが、レストランではオーダーが終わってから、料理が運ばれてくる前までにナプキンをとります。

 

二つ折りにした折り目を手前側に、膝の上に広げます。

 

この時、襟元が汚れないように首から下げるのは、小さい子ども以外はマナー違反です。

 

食事会に招待された時などは、ホステス(主人)がナプキンを広げるのが食事の合図となります。

 

食事中の使い方

食事中に口元にソースがついてしまったり手が汚れてしまったりした場合、日本ではおしぼりがありますが、これは独自の文化であるため、海外やフレンチレストランではナプキンで対応します。

 

口元を拭く時は膝の方に顔を近づけ、二枚重なった上のナプキンの内側でそっと口をぬぐいます。

 

そうすると汚れも表からは見えませんしスマートです。

 

手が汚れた場合や、フィンガーボウルを使って濡れた手を拭くのも同様に行います。

 

中座・食事が終わった時

フレンチでは極力、食事中に席を立たないのがマナーですが、中座をする場合はナプキンを椅子の上に置きます。

 

ナプキンの真ん中を持ち椅子に三角形になるように置くなど、汚れた箇所があまり見えないように置くと良いでしょう。

 

また、食事が終わり席を立つときには、軽くたたんでテーブルの上に置きます。

 

あまりぐしゃぐしゃにしてはいけませんが、キレイに畳んでしまうと「料理が美味しくなかった」という意味になってしまいます。

 

また、食事会に招待された場合、ホステスがナプキンを置くのが食事終了の合図になります。

 

あまり早くにナプキンを置いてしまうと、早く帰りたいという意味になってしまいますので接待されている場合などは注意が必要です。