古代ローマ水道の仕組みとは?

 

古代ローマでは都市や工場地に水を供給するための水道が、市内に張り巡らされていました。世界中どこをみても、ローマほど高度な水道を備えていた古代国家はないでしょう。古代ローマ滅亡後、時代が中世に移っても、1000年以上ローマに匹敵する水道が作られたことはありませんでした。この時代に作られた水道が、2000年以上たった今でも一部が残され活用されていることから、本当に古代とは思えない驚くべき技術を持っていたのです。

 

水道の建設

ローマで水道が作られた理由は、国が大きくなり、人口が増えたことで、水不足が問題になったためです。全長350キロメートルもの水道が建設された後は、近くの山の水源地から水を引き、重力を利用して非常に効率よく水を運ぶことで水不足を改善しました。

 

また水道の建設は水不足だけでなく、衛生状態を大きく改善しました。古代世界では人間の排泄物の未処理で疫病が蔓延することがしょっちゅうでした。古代ギリシャなどはそれが原因で衰退してしまったといわれているので、ローマ繁栄の要因の一つとして、下水道による汚物処理が適切に行われていたことがあるといっても言いすぎでないくらいでしょう。

 

有名な水道

アッピア水道

ローマに作られた最初の水道はアッピア水道で、アッピウス・クラウディウス・カエクスにより紀元前312年に建設されました。水道の全長は16.6キロメートルした。最終的に11もの水道が建設されました。