モルドバの年表

 

モルドバ(正式名称:モルドバ共和国)は、東ヨーロッパの ルーマニア、ウクライナに囲まれた領域に位置する 共和制国家です。国土が ほぼ丘陵性の平野で占められ、両脇を河川に挟まれる内陸国で、気候区は 大部分が湿潤大陸性気候に属しています。首都は白い石灰岩の建物が立ち並ぶ「白い石の街」 として知られる キシナウ。
この国ではとくに 農業が発達しており、中でも小麦、ブドウ、トウモロコシ、タバコの生産がさかんです。またブドウ栽培を背景にしたワインの生産および輸出業もこの国の基幹産業となっています。(モルドバワインは有名)
そんな モルドバの歴史は、14世紀半ばに、現ルーマニア北東部からモルドバにかけての地域に建設されたモルドバ公国から始まるといえます。モルドバ公国は常にロシアやオスマン帝国の脅威にさらされ、16世紀以降はオスマン帝国の勢力圏に組み込まれます。19世紀には露土戦争で勝利したロシアに支配圏が移り、第一次大戦後ルーマニアに編入。第二次大戦中にソ連に占領されモルダビア・ソビエト社会主義共和国となり、ソ連崩壊直前の1991年に独立を宣言して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなモルドバの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

モルドバの歴史年表

1359年モルドバ公国の成立
1400年代末オスマン帝国による支配
1812年ロシア帝国による支配
1832年レグルマーン・オルガニク憲法の採択
1859年モルドバ公国とワラキア公国の合併
1917年モルダビア民主共和国の成立
1918年ルーマニア王国との連合成立
1940年モルダビア・ソビエト社会主義共和国の成立
1941年ナチスドイツによる支配
1944年ナチスドイツからの解放
1990年沿ドニエストル共和国の分離独立宣言
1991年8月モルドバ共和国として独立
1991年12月独立国家共同体(CIS)に加盟
1992年3月日本との国交樹立/国際連合加盟
1992年5月トランスニストリア戦争(〜7月)
2001年4月独立後初の大統領選挙実施
2001年7月世界貿易機関(WTO)に加盟
2006年ロシアによるワイン禁輸措置
2015年日本に在日大使館を開設