アメリカとポーランドの関係

アメリカとポーランドの外交関係は、ポーランド分割による外国占領時代を経て、ポーランドが独立を回復した1919年に正式にスタートしました。

 

ただ民間レベルの交流ならもっと前、ポーランド=リトアニア共和国時代の17世紀から始まっており、この時期に少なくないポーランド人がアメリカ13植民地へ移住しています。

 

またアメリカ独立戦争ではポーランド人のコシューシコ(1746〜1817年)が義勇兵として参加し、ジョージ・ワシントンを副官として支え、独立に貢献しています。

 

民主化後

1989年の民主化以後、アメリカとポーランドの関係は、政治・経済・文化面で密に進展していき、2003年のイラク戦争では共に軍事介入を行うなど、現在両国は互いを最重要同盟国の1つに位置づけています。