アイオリス人

アイオリス人

アイオリス人は、ドーリア人イオニア人に並び、古代ギリシャを構成した主要民族の1つで、ドーリス人がギリシア本土に侵入するはるか以前、前3000年頃から、ドナウ川流域よりテッサリアおよびボイオティア地方に移住したと考えられています。そして前2000年以降は、テッサリアおよびボイオティア地方から、レスボス島テネドス島に移住しテーバイレスボスなどの有力ポリスを建設しています。なお「アイオリス」という呼称はこの民族の祖先とされるギリシア神話のアイオロスに由来するものです。

 

著名なアイオリス人

アイオリス人は「叙事詩の父」といわれるほど叙事詩の発展に寄与したことで知られ、ギリシア女性詩人サッポー(アイオリス方言では「プサッポー」とも)もレスボス島出身のアイオリス人です。