ニコライ2世とは何をした人?〜ロシア革命を誘発〜

 

ニコライ2世の基本情報

 

本名:ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ
愛称:ニッキー
誕生:1868年サンクトペテルブルクにて
死没:1918年エカテリンブルクにて
王朝:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝
在位:1894年 - 1917年
政策:日露戦争/十月宣言/第一次世界大戦参戦

 

ニコライ2世(1868年 - 1918年)はロマノフ朝第14代ロシア皇帝にして、反革命によりロシア革命を誘発し、帝政ロシアの幕引きを招いた皇帝としても知られます。アレクサンドル3世の長男として生まれ、父帝の死を受け26歳で即位。功績としては父の外交方針を引き継ぎ、フランスとの同盟を強化、同盟で得た資本金によりシベリア鉄道を完成させたことが挙げられるでしょう。
しかし彼の政治姿勢は、保守主義者ポベドノースツェフの教育の影響により「反動」が基本で、それが後々の不幸を招きます。
日露戦争の敗北で帝権の信用が落ちたところで1905年、十月宣言の発布(国会の開設承認)を余儀なくされましたが、しばらくすると再び革命運動の弾圧を再開しています。専制政治に対する民衆の不満が高まっていたところで、フランス・イギリスとの同盟やバルカンを巡るオーストリアとの対立から第一次世界大戦に突入し、戦争長期化による深刻な不況からロシア革命を誘発してしまうのです。その結果1917年退位を余儀なくされ、しばらくの幽閉生活を送ったのち、皇后や子供たちもろとも処刑されてしまいました。