スウェーデンと中国の関係

スウェーデンは18世紀からスウェーデン東インド会社を通して、主に中国「広東」との貿易を行っていました。(ただし組織の中心はスコットランド人やオランダ人だった)

 

中国から主に茶を輸入し、それを元に生まれた利益はスウェーデンの学芸や文化の振興に大きく貢献しました。

 

しかし18世紀末にアメリカ合衆国が成立し、清との貿易を始めたことで、スウェーデン東インド会社は衰退に向かい1813年に閉鎖されたことで、貿易を通じた両国の距離は遠ざかりました。

 

中華人民共和国成立後

1950年に中華人民共和国とスウェーデン王国の間で正式な外交関係が樹立されました。(西欧諸国では2番目)

 

2010年には国交樹立60周年を迎え、記念式典が開催され、今後も両国関係を促進していくことで一致しました。

 

しかし経済的には関係が維持されていても、近年、ウイグル族など少数民族への人権侵害や桂民海の判決※をめぐりスウェーデンは中国政府への非難を強めており、両国政府の関係は険悪になっています。

 

※スウェーデン国籍の香港の書店経営者桂民海史が、外国で機密情報を漏らしたとして懲役10年の判決を言い渡された事件。