アイルランドと日本の関係

 

アイルランドは海に囲まれた島国で、自然豊か、大陸から隔絶された環境故に、ケルト文化など古くからの伝統文化が保持されているなど、日本と何かと共通点が多い国です。それでも地理的な遠さから、長らく接点はありませんでしたが、18世紀になってようやく関係性が築かれるようになりました。

 

日本人とアイルランド人の初めての交流

1704年に九州沖でアイルランド人の乗った船が拿捕され、(当時は禁教令があったため)布教目的と疑われ拘束されたのが、記録に残っている最古の「日本人とアイルランド人の交流」となっています。

 

日本とアイルランドの外交関係

1872年に岩倉使節団がダブリンを訪問したのが、日本とアイルランド初の公的接触となりました。

 

日本の近代化に貢献

明治維新後は、西洋文化の導入が進む中、様々な分野で活躍するアイルランド人が招き入れられ、日本の近代化や文化振興に貢献しています。

 

そして1957年に正式に国交が結ばれて以降は、政治・経済・文化面での交流はさらに活発になり、良好な関係のまま現在にいたっています。