コソボの年表

 

コソボ(正式名称:コソボ共和国)は、東ヨーロッパのバルカン半島中部、セルビア・北マケドニア・アルバニア・モンテネグロなどに囲まれた領域に位置する共和制国家です。国土は南西および南東の山岳地帯と中部の平原で構成され、気候区は大陸性気候に属しています。首都は中世セルビア王国の首都で、その時代の歴史的遺産を多く抱えることで知られるプリシュティナ。

 

この国ではとくに鉱業が発達しており、中でも鉛・銀・錫・亜鉛・ニッケル・褐炭などの生産がさかんです。またベーリ川・ドリム川流域の農産地を背景にした農業もこの国の基幹産業となっています。
コソボは長らく東ローマ帝国(ビザンティン帝国)の支配下にありましたが、12世紀にセルビア王国に服属しその中心地として繁栄しました。

 

14世紀末以降はオスマン帝国に支配され、以後500年以上をオスマン領として過ごしますが、第一次バルカン戦争(1912〜1913年)の結果、再びセルビアに編入されることになりました。その後ユーゴスラビア王国時代、社会主義時代の開発遅れからセルビアとの溝が深まっていき、20世紀末にはアルバニア系住民が独立宣言を出すにいたります。セルビアはこれを認めずコソボ紛争(1998年〜1999年)に発展しますが、国連の介入もあり2008年にコソボ共和国として独立宣言。アメリカやEU諸国、日本などセルビア以外のほとんどの国がこれを承認して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

コソボの歴史年表

前4世紀頃 イリュリア王国による支配
前59年 ローマ属州イリュリクムの一部に
87年 上モエシアの一部に
395年 東ローマ帝国による支配
800年代 第一次ブルガリア帝国による支配
1389年 コソボの戦い
1455年 オスマン帝国による支配
1448年 第二次コソボの戦い
1683年 オーストリアによる支配
1683年 大トルコ戦争(〜99年)
1877年 露土戦争(〜78年)
1878年 プリズレン連盟の結成
1909年 アルバニア人による暴動発生
1912年 大部分がセルビアの支配下に
1914年 第一次世界大戦(〜18年)
1915年 ブルガリア王国・オーストリア=ハンガリー帝国による支配
1918年 ユーゴスラビア王国に編入
1941年 アルバニア王国に編入
1944年 パルチザンにより解放/セルビア人民共和国に編入
1946年 コソボ・メトヒヤ自治州の成立
1964年 コソボ・メトヒヤ自治州をコソボ自治州に改称
1974年 コソボ社会主義自治州の成立
1981年 アルバニア人学生による大規模デモ発生
1989年 コソボ民主連盟の創設
1991年 コソボ共和国として独立を宣言
1996年 コソボ解放軍による武力闘争が開始
1998年 コソボ紛争の開始(〜99年)
1999年3月 アライド・フォース作戦(コソボ空爆)
1999年6月 国際連合コソボ暫定行政ミッションの成立
2004年 コソボ暴動
2008年 コソボ共和国として独立が承認