日本とイギリスの関係

1600年に九州沿岸に漂着したオランダ船に乗組員としてイギリス人がおり、これが記録に残る最古の日本人とイギリス人の接触になっています。その後は以下のような出来事を経て、現在にいたる日英関係の基礎が築かれていきました。

 

東インド会社による貿易

1613年にイギリス東インド会社との貿易が開始され、商館が置かれた長崎平戸から様々なイギリスに関する情報が入ってくるようになりました。イギリスは貿易利権を巡りオランダに敗れ、平戸から去りますが、イギリスに関する情報はオランダ風説書を通して把握していました。

 

フェートン号事件

19世紀に入ると、ナポレオン戦争の影響でイギリス船が頻繁に日本近海に出没するようになりました。そして1808年にフェートン号が長崎の港に不法入港する「フェートン号事件」が発生。これを機にイギリスに対する関心が高まり、英語入門書や英和辞典などが刊行され、日本の英語学習が促進されています。

 

岩倉使節団の視察

政治的な関係が本格化したのは、明治時代に入ってからで、そのきっかけは岩倉使節団の派遣でした。ここで日本人が見たイギリスの先進制度・技術は、のちの日本改革の重要な指針となり、現在の日本の社会システムの基礎となっていったのです。