クレープの発祥と歴史について

クレープは薄いパンケーキで、小麦粉に砂糖や卵を加えた生地を薄く焼いたもの。またその生地に具材を包んだ食べ物の総称です。

 

日本では生クリームやフルーツなどを包んで巻いた形状のものが主ですが、クレープはもともと、そば粉で焼かれていたことが始まりと言われています。

 

薄いパンケーキの「ガレット」という料理が起源で、これはフランス北西部のブルターニュ地方が発祥の郷土料理です。

 

 

そば粉のクレープの始まり

寒冷な気候で日照時間が少なく、土地もやせていたため十分な小麦が育たなかったブルターニュの土地に、12世紀ごろ十字軍の遠征によってアジアからそばが伝わりました。

 

そばはブルターニュの気候にも合い、そば粥やそばがき、料理に入れるなど主食として定着しました。

 

クレープが生まれたのは、そば粥を焼けた石に誤って落としてしまったことで、薄型のパンケーキができることが発見され、パン代わりに食べられるようになったようです。

 

当初は、石やきしたことから、フランス語の「ガレ(galet)=小石」にちなんで、「ガレット(galette)」と呼ばれるようになりました。

 

その後、ブルターニュ地方の名物になったそば粉のガレット「クレープ・サレ」は、そば粉に水と塩だけで焼かれ、チーズや卵、ハムなどの具材とともに食事として食べられています。

 

小麦粉のクレープが生まれる

今のようなクレープが作られるようになったのは、ブルボン朝の時代、ルイ13世の妻アン女王がブルターニュ地方を訪れた際、そば粉のガレットを気に入り宮廷料理に取り入れたとされています。

 

生地はそば粉から小麦粉にかわり、粉と水、塩だけだった生地に卵、砂糖が加えられ今のような形に変化していきました。

 

名称も一説によると、焼いた時にできる模様が布地のちりめん(クレープ)を連想させることから「クレープ」と名づけられたようです。

 

小麦粉でつくった「クレープ・シュクレ」は、主にデザートとして食べられます。

 

食べ方のバリエーションは、砂糖とバター、バターキャラメル、ジャム、チョコレート、クレープシュゼットが有名で、半分や四分の一に折りたたみナイフとフォークで食べます。

 

歴史的にもクレープはフランスに深く根付いたものであり、毎年2月2日の聖燭祭の日(キャンドルマス)には、クレープを食べ一年の繁栄を占う風習。