ノルウェーと中国の関係

 

ノルウェー中国の関係は、スウェーデン=ノルウェー時代の1851年に、ノルウェー外交使節団が広州に設立されたのが始まりとされ、その後1863年には上海に、ノルウェーの総領事館が設置されています。

ノルウェー独立後の関係

1905年スウェーデンとの同君連合が解消されて、ノルウェーが独立を果たすと、翌年には清から要人の公式訪問が行われました。以来、両国の文化的・政治的交流から始まり、様々な産品・技術が行き来する緊密な貿易関係が築かれていきました。

 

関係の悪化

2010年ノルウェーのノーベル委員会が、中国で「国家政権転覆煽動罪」で投獄された反体制活動家・劉暁波氏にノーベル平和賞を与えました。これに中国政府が激しく反発したことから、二国間関係は2016年に正常化するまで凍結されていました。

 

国交正常化後も、2019年にはウイグル人や少数民族への弾圧に抗議する国連の共同書簡に署名するなど、両国の政治的な関係は冷え込んでいるのが実情です。