女教皇ヨハンナとは何をした人?〜創作上の人物?〜

 

女教皇ヨハンナの基本情報

 

先代:レオ4世
次代:ベネディクツス3世
誕生:イングランド
死没:ローマ
在位:855年〜858年

 

女教皇ヨハンナ(ヨハネス8世)は855年から858年まで、およそ2年と7か月の間(レオ4世とベネディクツス3世の間)在位していたとされる女性教皇です。歴史学的には創作上の人物とみられていますが、言い伝えられる物語全てが創作というわけでもなく、幾分か史実も含まれています。
ヨハンナにまつわるエピソードは、13世紀の年代記作家ポーランドのマルティンの著作の中で登場します。その年代記によれば、彼女はイングランド出身で、アテネで学識を深めた後、ローマに渡って教師に。その秀でた学芸や生活ぶりが聴衆に大変な人気を博し、枢機卿を経て教皇に選ばれたといいます。しかし在職中に妊娠したことで退位を余儀なくされ、ローマで没したとされています。