産業革命と地球温暖化の関係とは?

産業革命により地球温暖化が進行したというのは本当ですか?

産業革命が起きると、その背景となった蒸気機関の動力源として、石炭や石油といった化石燃料が使われるようになりました。

 

これらのエネルギー資源は燃焼することで大量の二酸化炭素を排出※するため、工業化の波が世界規模に広がるにつれて、大気中の二酸化炭素濃度は広まっていきました。

 

地球温暖化の原因となっているガスは様々ですが、中でも二酸化炭素は熱の吸収率が大きいということで、産業革命以降、温暖化の進行が急激に進んでいったのです。

 

※化石燃料というのは、大昔の動植物の遺骸が地中深くで長い年月をかけ圧縮され、炭素分(C)が凝縮して生成されるもの。そのため燃焼して酸素(O2)と結びつくことで、二酸化炭素(CO2)が発生するのです。