ルクセンブルクの年表

 

ルクセンブルク(正式名称:ルクセンブルク大公国)は、西ヨーロッパの 北と西をベルギー、南をフランス、東をドイツに囲まれた地域に位置する 立憲君主制国家です。国土は ベルギーから続くアルデンヌ高原とフランスから続くロレーヌ台地で構成され、気候区は 西岸海洋性気候に属しています。首都は 「北のジブラルタル」と呼ばれ、世界遺産の要塞都市として知られる ルクセンブルク市。
この国ではとくに 鉄鋼業が発達しており、中でも鉄鋼・金属の生産がさかんです。また高度に発達した工業と豊かな自然が共存していることを背景にした観光業もこの国の基幹産業となっています。
そんな ルクセンブルクの歴史は10世紀頃、ルクセンブルク家の創始者ジークフリートが、現在の首都ルクセンブルク市に要塞を建設したところから始まるといえます。11世紀にはルクセンブルク伯爵の称号を獲得。14世紀から15世紀にかけてはルクセンブルク家から神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出すなど黄金期を迎えました。15世紀半ばに衰退が始まり、フランス、オーストリア、プロイセンといった外国からの支配を受けるようになりますが、19世紀にはウィーン会議の結果としてオランダ国王を大公とするルクセンブルク大公国に昇格しました。その後ベルギー独立運動と連動してオランダからの離脱を宣言。19世紀後半にロンドン会議により永世中立国として独立が承認され現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなルクセンブルクの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

ルクセンブルクの歴史年表

前50年頃 ローマによる支配
480年頃 フランク王国による支配
843年 中フランク王国による支配
855年 ロタリンギア王国による支配
870年 西フランク王国による支配
880年 東フランク王国による支配
963年 アルデンヌ家ジーフロイトが現首都に城を建設
1060年頃 ルクセンブルク家が伯爵位を得る
1354年 ルクセンブルク伯領から公領へ昇格
1461年 ブルゴーニュ公国による支配
1618年 三十年戦争(〜48年)
1659年 ピレネー条約締結/フランスによる支配
1683年 再統合戦争(〜84年)
1697年 レイスウェイク条約締結/スペインによる支配
1714年 オーストリアによる支配
1795年 フランスによる支配
1815年 ルクセンブルク大公国の成立
1839年 ロンドン条約/現ルクセンブルクの国境が確定
1867年 永世中立国に
1868年 ルクセンブルク憲法の採択
1871年 ドイツ帝国成立
1890年 オランダ王国との同君連合解消
1914年 ドイツ帝国軍による占領
1920年 国際連盟に参加
1940年 ナチス・ドイツ軍による占領
1944年9月 連合国軍により解放
1944年12月 バルジの戦い
1945年 国際連合に加盟
1948年 ベネルクス関税同盟締結/ブリュッセル条約に参加
1949年 北大西洋条約機構(NATO)に加盟
1958年 ベネルクス経済同盟条約締結
1967年 欧州連合(EU)に加盟
1994年 ルクセンブルク市街が世界遺産に登録