ルクセンブルクの歴史年表

ルクセンブルクの国旗

 

ルクセンブルクの国土

 

ルクセンブルク(正式名称:ルクセンブルク大公国)は、西ヨーロッパの 北と西をベルギー、南をフランス、東をドイツに囲まれた地域に位置する 立憲君主制国家です。国土は ベルギーから続くアルデンヌ高原とフランスから続くロレーヌ台地で構成され、気候区は 西岸海洋性気候に属しています。首都は 「北のジブラルタル」と呼ばれ、世界遺産の要塞都市として知られる ルクセンブルク市。
この国ではとくに 鉄鋼業が発達しており、中でも鉄鋼・金属の生産がさかんです。また高度に発達した工業と豊かな自然が共存していることを背景にした観光業もこの国の基幹産業となっています。
そんな ルクセンブルクの歴史は10世紀頃、ルクセンブルク家の創始者ジークフリートが、現在の首都ルクセンブルク市に要塞を建設したところから始まるといえます。11世紀にはルクセンブルク伯爵の称号を獲得。14世紀から15世紀にかけてはルクセンブルク家から神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出すなど黄金期を迎えました。15世紀半ばに衰退が始まり、フランス、オーストリア、プロイセンといった外国からの支配を受けるようになりますが、19世紀にはウィーン会議の結果としてオランダ国王を大公とするルクセンブルク大公国に昇格しました。その後ベルギー独立運動と連動してオランダからの離脱を宣言。19世紀後半にロンドン会議により永世中立国として独立が承認され現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなルクセンブルクの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

ルクセンブルクの歴史年表

 

古代ルクセンブルク

古代ルクセンブルク一帯にはもともとゲルマン民族の血を引くケルト人一派トレヴィール人らが暮らしていたとされるが、前50年頃ユリウス・カエサルによるガリア征服戦争の結果、ローマ化が進行した。

 

中世ルクセンブルク

480年頃 フランク王国による支配

西ローマ帝国崩壊後、ゲルマン民族一派のフランク人がガリア一帯を征服し、ルクセンブルクもその支配下に入る。

 

843年 中フランク王国による支配

ヴェルダン条約でフランク王国の領土が西フランク王国・中フランク王国・東フランク王国の3つに分裂。ルクセンブルクは中フランク王国の支配下に入った。

 

855年 ロタリンギア王国による支配

中フランク王国がさらに3つに分裂し、ルクセンブルクはロタリンギア王国の支配下に入る。

 

870年 西フランク王国による支配

メルセン条約によってロタリンギア王国の領土は分割され、ルクセンブルク地域は西フランク王国の支配下に入った。

 

880年 東フランク王国による支配

リブモント条約によって西フランクに併合された地域は東フランク王国に割譲されることとなり、ルクセンブルクは東フランク王国の支配下に入った。

 

963年 アルデンヌ家ジーフロイトが現首都に城を建設

アルデンヌ家のジークフロイトが土地交換の契約を交わしたことで現首都ルクセンブルク市を獲得。獲得地域に城塞を築き、ルクセンブルクの原型を形成した。

 

1060年頃 ルクセンブルク家が伯爵位を得る

ルクセンブルク家のコンラッド1世が「ルクセンブルク伯爵」の称号を得る。

 

1354年 ルクセンブルク伯領から公領へ昇格

 

1461年 ブルゴーニュ公国による支配

ブルゴーニュ公国がルクセンブルク公領を獲得する。

 

近世ルクセンブルク

1618年 三十年戦争(〜48年)

神聖ローマ帝国で宗教対立に端を発する三十年戦争が勃発すると、その戦場となったルクセンブルクは、ペスト流行の追い打ちもあり甚大な被害を被った。

 

1659年 ピレネー条約締結/フランスによる支配

三十年戦争に始まったフランスとスペインの戦闘は、三十年戦争終結後も続いたが、ピレネー条約によりようやく講和した。この条約の結果、ルクセンブルクの一部がフランス領となった。

 

1683年 再統合戦争(〜84年)

フランス王ルイ14世がルクセンブルクの残りの地域を統合するべく再統合戦争を起こした。フランスが勝利し、ルクセンブルクの支配を固めた。

 

1697年 レイスウェイク条約締結/スペインによる支配

大同盟戦争の講和条約レイスウェイク条約が締結され、ルクセンブルクは再びスペイン・ハプスブルク家の支配下に戻った。

 

1714年 オーストリアによる支配

スペイン・ハプスブルク家が断絶し、スペイン王位継承権を巡り諸国が対立したことで、スペイン継承戦争が勃発(1701年)。この戦争によりルクセンブルクを含めたネーデルラント(低地地方)の支配権は、オーストリア・ハプスブルク家が獲得した。

 

1795年 フランスによる支配

オーストリアへの宣戦布告に端を発するフランス革命戦争の中、フランス国民議会はオーストリア領ネーデルラントを自国に併合することを決定。1804年にはナポレオンが皇帝に即位したことで、ルクセンブルクはフランス帝国の一部となった。

 

近代ルクセンブルク

1815年 ルクセンブルク大公国の成立

ナポレオン失脚後、ウィーン会議の決定により公国から大公国に昇格し、オランダとの同君連合を結成した。

 

1839年 ロンドン条約/現ルクセンブルクの国境が確定

ロンドン条約によりルクセンブルク大公国は独立を果たし、現ルクセンブルクの国境が画定した。

 

1867年 永世中立国に

ルクセンブルクを巡りプロイセンとフランスの対立が高まる中、イギリスやロシアの立ち合いのもと、ロンドン会議が開催され、ルクセンブルクは非武装永世中立国とされることが決定した。

 

1848年 ルクセンブルク憲法の採択

フランス二月革命の影響(1848年革命)がルクセンブルクにも波及し、議会制の導入を明記した憲法を制定した。

 

1871年 ドイツ帝国成立

プロイセン宰相ビスマルクのもとドイツが統一され、ドイツ帝国が成立した。以来ルクセンブルクではドイツの強い影響のもと急速に工業化が進んでいった。

 

1890年 オランダ王国との同君連合解消

ドイツとの結びつきを求める中、オランダ王国との同君連合を解消した。

 

1914年 ドイツ帝国軍による占領

サラエボ事件に端を発し第一次世界大戦が勃発。ドイツ軍はフランス侵攻の一環として、中立国ルクセンブルクに侵入した。戦後は敗戦国ドイツとは壁が出来る一方で、フランスへの経済依存度が増していった。

 

1920年 国際連盟に参加

 

1940年 ナチス・ドイツによる支配

ナチス・ドイツのポーランド侵攻に端を発し、第二次世界大戦が勃発(1939年)。翌年、中立国ルクセンブルクは再びドイツ軍に占領され、大公はポルトガルに亡命した。

 

1944年9月 連合国軍により解放

連合国軍によりルクセンブルク内の枢軸国勢力が一掃された。

 

1944年12月 バルジの戦い

ドイツ軍の反撃が開始され、アルデンヌ高地を舞台にドイツ軍と連合国軍の戦闘バルジの戦いが勃発。この戦いでルクセンブルク市街の三分の一が破壊された。

 

1945年 国際連合に加盟

戦後は1867年ロンドン条約以来とっていた中立政策を放棄し、徴兵制を導入した。

 

1948年 ベネルクス関税同盟締結/ブリュッセル条約に参加

ベルギー、オランダとの関税同盟「ベネルクス関税同盟」を結成。

 

1949年 北大西洋条約機構(NATO)に加盟

戦後、中立政策を放棄したベルギーは北大西洋条約機構(NATO)に加盟し、集団安全保障を基礎とした国防体制を構築した。

 

1958年 ベネルクス経済同盟条約締結

ベネルクス経済同盟条約が締結され、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの三国が対等な立場として活発な経済交流を行うようになった。

 

1967年 ヨーロッパ共同体(EC)に加盟

欧州連合の元になったヨーロッパ共同体(EC)の原加盟国となる。ルクセンブルク含め、西ヨーロッパ6か国の統合を目的に結成され、やがて加盟国が拡大していき欧州連合(EU)へと進化した。

 

1994年 ルクセンブルク市街が世界遺産に登録