スラヴ神話における「死神」とは?

スラヴ神話における「死神」とは、チェルノボグのことです。ここでは、スラヴ神話において「黒い神」と呼ばれる死神、チェルノボグについて解説していきます。

 

チェルノボグの来歴

チェルノボグはスラヴ神話の死神であり、「黒い神」を意味しています。

 

その名から、夜や闇、破壊と死、冥府の神が連想され、悪神として捉えられることが多いですが、その本来の性質や性格については謎に包まれています。

 

それはスラブ神話そのものが、旧ソ連時代に大切にされず、散逸させられてしまったからだと言われています。

 

スラヴ神話においてチェルノボグは、白や光を司る善神ベロボーグと対をなす存在。

 

そして世界は両者が協力することで、「水底の泥」から創造されたという世界観になっています。

 

しかしその後、ふたりの神は対立し、黒い神は闘争の末に地上に落とされ、邪な精霊に変わりました。

 

ムソルグスキーによる交響詩『禿山の一夜』

ロシアの作曲家、モデスト・ムソルグスキーによる交響詩『禿山の一夜』には、聖ヨハネ祭前夜にチェルノボグが魑魅魍魎を集めて行う禿山での饗宴が描かれています。

 

またチェルノボグは、ディズニーのアニメ『ファンタジア』に収録されている作品のひとつ、ムソルグスキーによる交響詩『禿山の一夜』をベースにした物語のキャラクターとしても登場します。

 

この物語の中でのチェルノボグは、普段は巨大な山の峰ですが、夜が訪れると巨大な翼を持った悪魔としての姿を現します。

 

そしてふもとの街を、手下の悪霊とともに荒らし、夜明けには何事もなかったかのように姿を消す怪物として描かれています。