フェニキア人

フェニキア人は古代ヨーロッパにおいて、地中海東岸のフェニキアと呼ばれる地域(現在のレバノンとほぼ同じ地域)に居住していた、当時にして最先端の文明を持っていた民族です。「フェニキア人」という呼称は、古代ギリシャ人が東の地から通商目的にやって来た彼らを指す語として使い始めました。

 

フェニキア人の文字

フェニキア人は海上交易を生業に前15世紀から前8世紀にかけて繁栄し、ギリシア世界を含めた地中海世界各地にフェニキア文化をもたらしました。フェニキア人のフェニキア文字がギリシアに伝わり、それをギリシア人が独自に発展させたものがギリシア文字です。フェニキア人が考案した文字は子音を表すのみでしたが、ギリシア人はそれに母音を加えてアルファベットの基礎を完成させたのです。

 

フェニキア人の歴史

フェニキア人は、前9世紀頃から西方で勢力を拡大していたアッシリアの圧力を受けるようになり、前8世紀には完全に服属。アッシリア滅亡後は、新バビロニア、ペルシア帝国と宗主が変わっていきました。フェニキア人はその海上活動の中で、地中海世界各地に都市国家や植民市を建設しましたが、中にはカルタゴのようにローマ帝国と覇権を競う大国に成長した国もあります。

 

 
ページの先頭へ戻る