カルパティア山脈の地理的特徴|位置、国、川、最高峰、気候、歴史など

カルパティア山脈の地理的特徴【国/位置/川/最高峰/資源/造山帯】

カルパティア山脈は、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパにある山脈です。スロバキア南部から始まり、ポーランド南東部、ウクライナ南西部を経て、ルーマニア中央部にまで伸びています。

 

 

カルパティア山脈の位置関係

山脈の走る場所(地図)

 

山脈に面する国
  • スロバキア
  • ポーランド
  • ウクライナ
  • ルーマニア
  • チェコ
  • ハンガリー
  • セルビア

 

カルパティア山脈の構成

ゲルラホフスカ山(カルパティア山脈最高峰)

カルパティア山脈の最高峰はスロバキアのゲルラホフスカ山(2663m)で、スロバキア最高峰の山でもあります。アルプスヒマラヤ造山帯に属しますが、アルプス山脈よりはなだらかです。地形や地質上の区分により、北西部・中央部・南東部に区分されます。

 

タトラ山脈
ベスキディ山脈
トランシルヴァニア山脈

 

カルパティア山脈の資源

地下資源

カルパティア山脈の地下には、天然ガス、石油、岩塩、褐炭、鉄鉱石、貴金属などの資源が豊富に眠っています。

 

森林

森が多く、豊かな植物相が見られる自然保護地域としても有名です。東カルパティア山脈には、樹齢、種類の多様さ、木々の大きさ、広大さなどで突出した原生林が残っており、世界遺産に登録されています。

 

河川
シトレ川

河口:ドナウ川
長さ:706 km
流域面積:4万4835 km2
所在国:ウクライナ、ルーマニア

 

カルパティア山脈の歴史

カルパティア山脈は、中生代および第三紀の高山造山運動の中で形成されました。

 

 
ページの先頭へ戻る