フランス革命の現代への影響とは?

1789年から1799年まで続いたフランス革命は、歴史上かなり重要な出来事となり、現代に大きな影響を与えました。ここでは、フランス革命を経て世界はどのように変わっていったのかを簡潔に解説していきます。

 

 

人権が誕生した?

フランス革命に大きく影響を及ぼした啓蒙思想家のルソーやモンテスキューの思想をもとに、「人権」の考え方が誕生しました。革命を受け、1789年に「人間と市民の権利の宣言」と呼ばれる人権宣言がフランス議会により、採択されました。

 

この人権宣言では、「基本的人権の尊重」と「人民主義」が宣言されており、採択後、様々な国の人権宣言に影響を与えていくことになりました。

 

奴隷制度の廃止

また、フランスの植民地であった現ハイチ共和国の奴隷もフランスの人権宣言採択を機に反乱を起こし、フランス国家は「奴隷解放宣言」を行いました。これにより奴隷制度も廃止されることになりました。

 

アンシャン・レジームの崩壊

中世来のアンシャン・レジーム(旧体制)も、この革命を機に崩壊し、身分に左右されない平等な社会へと変化していきました。今でもフランスでは、革命時に掲げた「自由・平等・友愛」の3つの言葉が国家理念として大切にされています。

 

革命由来の言葉が誕生した?

革命が終わり社会が混乱している中、フランスでは政治に関する沢山の言葉が誕生しました。「マジョリティー(多数)」「マイノリティー(少数)」をはじめとする比較的馴染み深い単語から、「ダントニズム(ダントン主義)」などの政治特有の難しい単語まで、様々な用語がフランス革命をきっかけに誕生したのです。

 
ページの先頭へ戻る