ギリシャの年表

 

ギリシャ(正式名称:ギリシャ共和国)は、南ヨーロッパの トルコ、アルバニア、ブルガリア、北マケドニア共和国に囲まれたバルカン半島の南端に位置する 共和 制国家です。国土は 中央ギリシャ、エーゲ海の島々、ペロポネソス半島およびピンドス山脈で構成され、気候区は 大部分が地中海性気候に属しています。首都は 世界的有名な古代都市のひとつであり、民主主義の発祥地として知られる アテネ。
この国ではとくに 農業が発達しており、中でもオリーブ、葉タバコの生産がさかんです。またエーゲ海の島々、古代ギリシャ時代の遺跡などの観光資源を背景にした観光業もこの国の基幹産業となっています。
そんなギリシャの基礎は前8世紀頃築かれたといえます。アテナイ、スパルタ、テーバイといった都市国家(ポリス)がギリシャ各地に建設され政治的・文化的に繁栄。ヨーロッパ文明の基礎が築かれたのです。ポリス衰退にともないローマ帝国に征服されますが、文化レベルでは逆にローマを席巻し存続を続けました。ローマ帝国分裂後は東ローマ帝国の支配下に。東ローマ帝国崩壊後はオスマン帝国による支配が長らく続きますが、19世紀にギリシャ王国として独立。20世紀には共和制に移行し現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなギリシャ共和国の歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

ギリシャの歴史年表

前1900年頃 古代ギリシャ本土を中心にミケーネ文明が繁栄
前1200年頃 ドーリス人によりミケーネ文明が滅ぼされる
前750〜前700年頃 古代ギリシャ各地にポリス(都市国家)が成立
前492年 ペルシア戦争(〜前449年)
前431年 ペロポネソス戦争(〜前404年)
前338年 マケドニア王国の支配下に
前168年 共和政ローマの支配下に
395年 ビザンティン帝国(東ローマ帝国)の支配下に
1453年 オスマン帝国の支配下に
1821年 ギリシャ独立戦争
1830年 ギリシャ王国として独立
1843年 立憲君主制に移行
1862年 オットーの廃位
1863年 ゲオルギオス1世の即位
1881年 テッサリアを併合
1899年 日本との国交樹立
1912年 第一次バルカン戦争
1913年 第二次バルカン戦争
1917年 第一次世界大戦に参戦
1924年 共和制に移行
1935年 王政復古/八月四日体制の開始
1941年 枢軸国勢力の支配下に
1952年 北大西洋条約機構(NATO)に加盟
1973年 王制廃止・共和制に移行
1975年 新憲法が成立
1981年 欧州共同体(EC)に加盟
2004年 アテネオリンピック開催
2009年 ギリシャ危機