ポーランドの有名な山一覧

ポーランドは国土の9割が平野ですが、南部はカルパティア山脈、カルパティア山脈を構成するタトラ山脈、ステート山地などが走る山岳地帯になっています。これらは6000万年前のヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の衝突および北欧第四氷期の影響で形成されました。最高峰はタトラ山脈のリシ山(標高2499m)。

 

 

リシ山

標高:2499m
位置:ポーランド南部
山系:タトラ山脈
初登頂:1840年ドイツ人登山家により
解説:タトラ山脈で最も高い山かつポーランド最高峰。山岳ガイドなしでも登頂できる比較的登山難易度の低い山。名称は「かき傷」「割れ目」を意味している。

 

ギエヴォント山

標高:1,895m
位置:ポーランド南部
山系:タトラ山脈
初登頂:1830年ポーランド人植物学者により
解説:西タトラ山脈では最高峰。ポーランドにおける希少種の植物の多くがこの山地で発見され、生息する動物種ではタトラシャモアが有名。

 

スニェシュカ山

標高:1,603m
位置:ポーランド南部
解説:ポーランドとチェコにまたがる。チェコでは最高峰。登山難易度の低さから、夏季にはチェコ・ポーランド・ドイツからのハイキング客で賑わう。