ネーデルラント継承戦争

ネーデルラント継承戦争は、1667〜1668年に行われた、フランス国王ルイ14世(在位:1643年〜1715年)によるネーデルラント侵略戦争です。1665年スペイン王フェリペ4世が死去すると、フランス王ルイ14世が、王妃マリー・テレーズがフェリペ4世の王女であることを根拠に、スペイン領南ネーデルラント(現ベルギー、ルクセンブルク)の領有を主張したことが発端となりました。フランスは1667年侵攻を開始しましたが、スペインおよび同国に見方したイギリス、スウェーデンの抵抗により、フランドルの一部を獲得するにとどまっています。アーヘン和約(1668年)で講和。

 
ページの先頭へ戻る